惨劇脚本 Basic Tragedy Χ

Summary

公開シート

惨劇セット Basic Tragedy Χ
ループ数 4ループ
日数 4日

特殊ルール

相談禁止にする場合、ループ数+1しても良い。
脚本家の友好禁止は、1ループ1回になる。

事件

日付 事件予定
1 自殺
2
3 遠隔殺人
4 病院の事件
非公開シートを表示
非公開シートを隠す

非公開シート

作者: 白獅子のケイ

かくれんぼをするカルティストとニートシリアルキラー

難易度:難しい★★★★★☆☆☆
ルールY 未来改変プラン
ルールX1 因果の糸
ルールX2 潜む殺人鬼

登場人物(8人)

人物 役職 特記
入院患者 シリアルキラー
医者 タイムトラベラー
サラリーマン フレンド
委員長 パーソン
ナース カルティスト
手先 パーソン 1R神社、2R〜病院
マスコミ パーソン
転校生 パーソン 3日目

事件一覧

日付 事件 犯人
1 自殺 サラリーマン
3 遠隔殺人 手先
4 病院の事件 医者

キャラクター初期配置

病院

入院患者 医者 ナース

神社

都市

サラリーマン マスコミ

学校

委員長

その他

手先 転校生
キャラクター初期配置を隠す
キャラクター初期配置を表示
脚本の特徴
不死のタイムトラベラーがシリアルキラーの能力を押さえ込んであたかもシリアルキラーがいないかの様に振る舞う脚本。
ストーリー
ある病院では患者に人体実験を行い、人間を兵器にしようと画策されていた。
そこには製薬会社が裏で糸を引いており、真実を知り過ぎた者を暗殺していた。
君の友人でありジャーナリストである男は事件の全貌を知ろうと製薬会社の社員に扮して調査を行っていたが、遂に尻尾を掴まされてしまった。
君が友人を助けようとしている時に、もう1人のタイムトラベラーは、一連の計画を潰そうと密かに動いているのであった。
脚本家への指針
基本的には、ナース:カルティストを隠し通せれば勝ちで、手先の友好能力を使わせない様にするのが大事。

また、どこにタイムトラベラーがいるのか、シリアルキラーが誰かが割り出されたかで動きが変わるため脚本家側は少し難しいものになっている。

1ループ目 手先神社
このループではタイムトラベラーの能力でほぼ勝てるので、事件が起きなくても良い。(遠隔殺人が通ると非常に有利なため狙いはしよう)
病院の事件はタイムトラベラー確定になるリスクがあるため、なるべく起こさないようにした方が良い。(医者に友好+3を1ループ目からする人はタイムトラベラーによっぽど苦渋を飲まされた例外か、ガチガチの初心者以外ほぼいない)
1日目
手先 不安+1
病院 不安+1
サラリーマン 暗躍+1

2日目
サラリーマン 暗躍+1
病院 不安+1
神社or手先 不安+1

3日目 転校生登場
病院 暗躍+1
手先 不安+1
医者不安+1 又はサラリーマン暗躍+2

4日目 
サラリーマンを病院へ移動するカード
又は病院又は神社に暗躍+1
医者を病院から離れるように移動するカード
転校生又は病院又は委員長に暗躍+2又は友好禁止又はナースを病院から離れるように移動

2ループ目
サラリーマンに友好が置かれてなかったら、手先は病院で引き続きループ1と同じ動きをする。

前ループでサラリーマンに友好が置かれていたなら、手先は病院で以下の行動をする。

1日目は
サラリーマン_不安+1
手先_不安+1
ナース_移動左右

を行うことで自殺を確定することができる。
また、病院に暗躍を置く必要がなくなり、友好禁止を使ったり、キャラクターを病院に集中させてシリアルキラーを隠す余裕が出てくる。
3日目の事件は主に患者を狙いつつ、役職が割れてない人物を好きに狙おう。

【病院に暗躍は置かない。】

最終的には手先にいつ友好禁止を使うかの読み合いになるが、主人公側が1ループかけて手先に友好+2を付け続けたら脚本家は特殊ルールで、友好無視が置けない為突破される。

【この脚本の弱点】
主人公側が勝つには、
医者・手先・委員長・転校生の友好能力を使用。
入院患者がシリアルキラーだと判明。
医者がタイムトラベラーだと判明。

これによりカルティストがナース以外あり得ないことが判明して、役職が全員判明することになる。

その為に、主人公側はマスコミの能力と因果の糸で病院の事件を発生させる必要がある。