惨劇脚本 Weird Mythology

Summary

公開シート

惨劇セット Weird Mythology
ループ数 5ループ
日数 4日

特殊ルール

脚本家は友好禁止使用できない

学者の特性処理非公開シートで定められていて各ループで固定である。

事件

日付 事件予定
1 希望の光
2 大暴動
3 病院の事件
4 絶望の闇
非公開シートを表示
非公開シートを隠す

非公開シート

作者: gaolei

宇宙に響く聖歌

難易度:悪夢★★★★★★★★
ルールY 血塗られた儀式
ルールX1 無貌の神
ルールX2 狂った真実
(巨大時限爆弾Yの存在)

登場人物(9人)

人物 役職 特記
委員長 パーソン
転校生 フラグメント 4日目
マスコミ パラノイア
情報屋 パーソン
A.I. ウィザード
入院患者 フェイスレス
学者 ウィッチ 友好
ご神木 イモータル
黒猫 パーソン

事件一覧

日付 事件 犯人
1 希望の光 転校生
2 大暴動 入院患者
3 病院の事件 マスコミ
4 絶望の闇 ご神木

キャラクター初期配置

病院

入院患者 学者

神社

ご神木 黒猫

都市

マスコミ 情報屋 A.I.

学校

委員長

その他

転校生
キャラクター初期配置を隠す
キャラクター初期配置を表示
脚本の特徴
完全な推理脚本、狂った真実に注意RuleYを巨大時限爆弾Yの存在に変更

転校生を通じて希望を得ることができない
ストーリー
有名な学者は粒子衝突機の前でため息をついていたが、彼はすでに科学的な探索が限界に達していることを発見し、知識の探索への渇望は彼にその狂気の神学を追求させた。彼は年代を知らない探索船で濡れた古書を発見し、常人には理解できないものを発見した。

「偉大なゲヘロスが太陽系に到達しようとしている」


学者は本土の邪神を信奉する記者を見つけ、その記者が邪神の召喚を行うことを暗示したが、この記者が知らなかったのは、弱い邪神は召喚の際にゲヘロスに飲み込まれることだった。


「天体の音はすでに宇宙に響いている。偉大な審判の星、アサトスを鳴らして、世界に最終的な審判をもたらしましょう!」
脚本家への指針
主人公の勝利はEXスロットを制御しなければならず、脚本家のトランプは次のように提案した:

ループ開始EX=1
脚本家初日:病院[暗躍+2]、都市[暗躍+1]、入院患者[不安+1]
主人公1日目:入院患者[不安-1]、学者[友好+2]、病院[暗躍禁止]
(学者を用いてEXを1つ上げる)

2日目EX=2
脚本家2日目:病院[暗躍+1]、入院患者[不安+1]、一人で病院に移る
主人公2日目:入院患者[不安−1]、A.l[友好+1]、病院[暗躍禁止]
(A.Iは学者に希望を与えるために友好的な能力を発動する)

3日目EX =1
脚本家3日目:病院[暗躍+1]、マスコミ[不安+1]、一人で病院に移る
主人公3日目:病院[暗躍禁止]、2人で病院を移動(病院にはまだ死ぬ人が2人残っている)

4日目EX=1
主人公4日目:マスコミはEXゲージを2回発動する

EX=1であれば、1日目に上昇しなければならず、そうでなければ大暴動は必ず発生し、翌日に降らなければ、病院の事件2暗躍。もし翌日に下がったら、3日目に全力を尽くして人を助けて外に出ても2つ死んで、4日目には一挙に2点EXを上げなければならない。

EX=2の場合、1日目に降らなければならない。そうでなければ、病院2の暗躍、2日目の大暴動を阻止するために入院患者に不安を与えなければならない-1、札が足りない、1日目に学者の友好を利用できない、やはり友好+1をしなければならない。

A.Iで病院の事件を起こしてマスコミを殺すには、EX=1、大暴動を阻止するために初日に上昇しなければならず、マスコミとA.lにカードを与えなかった。翌日モバイルマスコミが上がって、A.I 友好+1、死者数が多すぎて、マスコミにEXを2回加える能力も失った。